2019-01-09

寝たきり Haskell ライブ コーディング Vim Emacs サラン ラップ クッソ バーチャル たより 生放送 RSA グラフ ライブラリ stack install まとも パッケージ インストール Common Lisp slime プログラマ Clojure Ruby ネットワーク Jungerer ArithmeticException integer overflow clojure lang Numbers throwIntOverflow Cryptography emacs みたい どっか 姉さん 引き算 company mode haskell ide engine make build all ビルド Company hlint intero Lint 書き方

日常

体調が悪すぎて死んでた。

寝たきり状態の時にHaskellのライブコーディング見てた。

頭の回転はええという感想。

後補間すごいな(Vimだったけど)って感じだった。やはり私のEmacsは設定が悪い。

後サランラップのアレで指切った。肉まで削られてクッソ痛かった。

深夜に「実装中にバーチャルさんはみている」みてた。

普通に爆死するだろうなと思ってみてました。そんな悪くなかった気がする。思ってたよりは。多分。

生放送気まずくなら無いかハラハラしてた。

EDだけが予想外だった。

数学

とりあえずRSAの実装は諦めた。悲しい。

んで次の章グラフとかだったのでグラフライブラリ使おうと思ってstack installしまくってたら

まともにパッケージインストールできない。もうだめ。

Haskell,やめる気は無いけど数学で利用するのはやめようと思った。

Common Lisp使おう。

と思ったらslimeが起動しない。ああああああああああああああああああああああああ

無能で非プログラマなので解決できない。

そうなると残っている言語はClojureとRubyになる。

じゃあ難しそうなClojureだな。

グラフやネットワークを扱うClojureライブラリ「Jungerer」

これ使ってグラフ書いてみるか。

とその前に何か忘れてないだろうか。そうRSA公開鍵暗号である。意味不明なIOとかないので頑張っていき。

しかしClojure使ってると辛いのが少し大きな数値扱うと

「ArithmeticException integer overflow clojure.lang.Numbers.throwIntOverflow」

と出てくる。

まあこれが普通か。大きな素数どうやって用意するんだろう・・・。

RSA Cryptography In Clojure

emacs

やはり今のカスみたいな環境ではやっていけないので修正したい。

どっかの筋肉お姉さんが可愛さは引き算といってたことを思い出したのでHaskellの設定を全て消して

一から書き直したらcompany-modeが動くようになったのでかなりマシになった。

でももっと快適な環境を作りたい。

haskell-ide-engineというものがあるらしいのでそれを設定してみた。

試してみたかった・・・。make build-allを昼からずっと放置してたけど永遠に終わらなくてやめた。

今日は実質ビルド放置しかしてない。あとは寝てたり、Haskellの動画みたりしてた。

最終的にCompany-modeとhlintとintero-modeが動く程度で終わった。これだけでもかなり快適。

特に今まで設定してこなかったLintなるものが非常に良よくて、より良い書き方教えてくれて助かってる。

comment:

Tweet

Home